YouTubeチャンネル運営中

「24時間テレビ」の気持ち悪さをまとめる

24時間テレビは日本テレビ系列で放送されるチャリティー番組です。
マラソン、チャリティー、深夜番組と夏の終わりの風物詩として高い視聴率を誇ります。

著名な芸能人が出演する人気番組の1つです。
ただ、同番組には一部のアンチ視聴者が存在するのも確かです。

僕も同番組を見たいと思ったことは一度もありません。
たまたまTVで映ったら番組を変えるレベルです。

「どこか気持ち悪さを感じる」というのが正直な感想。
「この気持ち悪さは一体どこから来るのだろうか?」と分析するために、わざわざ視聴したこともあります。

今回は僕が感じる24時間テレビの気持ち悪さをまとめました。

チャリティーとテレビ番組

ギャラなし収益なし

24時間テレビの総額寄付金は累計380億円を超えるそうです。
この寄附金に関しては文句はありません。

実際に公益社団法人をつくり、公益として集められたお金を寄付しています。

寄付の実績がある一方で、チャリティーの冠をつけるのには疑問です。
24時間テレビに対する1つ目の文句は「チャリティーの冠」です。

「募金お願いします」という人がギャラを貰っているのが現実です。
番組を放送する側も広告収益を上げているはずです。

寄付を募る側が、ギャラを貰えば、それは集金でしょう。
寄付金額は全額寄付しているそうですが、寄付行為を私益のために利用しているとも取れます。

「24時間テレビはあくまで営利活動です」と謳ってもらえれば、違和感はありません。

「営利活動の一環で、寄付もしています」と事実を明かせばいいでしょう。
それを「チャリティーだ!社会貢献だ!」と全面で慈善を演じて、裏でギャラが発生しているのはダメでしょう。

チャリティーとは

そもそもチャリィーとは慈善、慈愛の精神で行われる社会福祉行為であり、公益的な活動です。
公益的な活動とは公共の利益です。

そう考えると24時間テレビの胡散臭さが漂い始めます。

収支不明

「結局、収益のためでしょ?」という偽善を払拭するにはノーギャラ運営です。
出演者、所属事務所、TV局がノーギャラで運営してこそ、始めてチャリティーといえます。

出演者、事務所はノーギャラでのみ出演。
テレビ局側は番組制作費分のみの広告収益に抑えるべきです。

「テレビ局側に多額のギャラを要求し、全額寄付に回す」という聖人ばかりいるわけではありません。

全国に募金所に派遣しているタレントのギャラが気になります。
チャリティーという冠をつけるなら、寄付活動における収支(TV局側)を明確に表明して欲しいものです。

公益社団法人の収支だけでは納得がいきません。

「募金箱を持ったタレントにギャラが払われ、その箱に募金する」
切り取れば、タレントにギャラを渡している構図に見えてしまいます。

障害者の可視化

感動ポルノ

24時間テレビは感動ポルノとも揶揄されています。
テレビの表舞台に現れることのない素人の障害者を大量投入した企画を連発することに起因するのでしょう。

この企画を邪推する視聴者は「お涙頂戴は不要だと」と辟易します。
「障害者を集め、芸事→障害を乗り越えて凄い!→思わず胸打たれ感動」というパッケージ化です。

このパッケージが気に食わない人は永遠に24時間テレビとスイングすることはありません。

見える障害

24時間テレビで登場する障害者は身体障害者、知的障害者のようです。

精神障害者が登場するところをみたことがありません。
例えば「うつ病、躁うつ病、統合失調症」などの目に見えづらい障害者は登場しません。

「うつ病の人が登山登頂!」となっても達成感が画になりません。
画にならない障害は扱わないという姿勢も疑問が残ります。

テレビだから絵面重視なのは理解できます。
だとするならチャリティーと謳うのはやめた方がいいのでは?

24時間マラソン

何のために走るのか?

24時間テレビのチャリティーと24時間マラソンを結びつけるのも気持ちが悪いです。

「何のために走るのか?」というのは愚問。
視聴率が取れるから走る訳です。

問題はその視聴率の先には広告収入という目的があります。
「チャリティーのために走る」とかいう大義名分を掲げているのか知りませんが、需要があるから走っているだけです。

ランナーも知名度向上と好感度上昇とお金稼ぎに繋がれば役得です。

しょうもなさの極み

テレビの企画は視聴者の需要に支えられています。
しょうもない企画でも感動ポルノでも需要があれば成立します。

勝手に「24時間走る」という自分ルールを作って、「凄いことだ!」と「皆で応援しよう!」と祭り立てます。
これがウケる世間とのずれを感じます。

結論

24時間テレビが支持されて、番組としてドル箱になっているのは事実。
つまり、需給が一致しているわけです。

結論は「外野は文句を言えない。ただチャリティーを謳うな」です。
若者のTV離れが進んでいる中、24時間マラソンを夏の風物詩としている年齢層は限られているでしょう。

いつか、時代の転換点がこればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。