YouTubeチャンネル運営中

20代は車に乗らない生活を堪能する

20代からのお金の指南書です。
お金で身に着ける4つの能力をまとめます。

お金を「使う」力を高める編です。
今回は「20代は車に乗らない生活」を主張します。

マイカー関連費(車両代,保険,税金,ガソリン,車検)の無駄を問う記事です。
車を持たないライフスタイル」を提案します。

結論を端的に

●20代の車離れが急速
→高い維持費(コスパの悪さ)
→趣味の多様化

●高すぎるマイカー関連費
→年額30万円以上
→車両代,保険,税金,ガソリン,車検,維持費

●車がなくても生活できる
→レンタカー、カーシェアを活用
→ネットショップ、ロードバイクでカバー

20代で単身なら90%くらいの人が車はいらないと思います。

所有欲、承認欲求と同時に車を手放しましょう。
20代でマイカーを持つのは地獄契約です。

20代は車を買うな

若者の車離れ

日本は車社会です。
1世帯辺り1台以上の普及率です。

しかし、現代の日本では急速な車離れが進んでいます。
かつては20代のマストアイテムであった車は今や不要とされています。

原因は高い維持費や趣味の多様性です。
時代は変わり、遠出しなくても娯楽が溢れています。

高い維持費を払って車を所有するメリットが薄れてきています。

高すぎるマイカー関連費

マイカーの所有は、車を購入して終わりではありません。
各種費用を払わないといけません。

車検、駐車場代、ガソリン費、タイヤ代
それに保険、車税など、重くのしかかってきます。

年額30万以上

ガソリン代=60,000円
駐車場代=60,000円
任意保険=80,000円
車税=40,000円
車検=50,000円
その他維持費=10,000円

マイカー関連費合計30万

ガソリン代と駐車場代は安めに設定しています。
都市部だと駐車場代が2万/月~はします。

勿論、車の購入費も掛かります。

毎月、最低でも25,000円の維持費がかかります。
→購入ローンを入れると2~3倍

地獄契約

「マイカーを所有」という選択はある種、地獄契約です。

「所有」を選んだ瞬間、財布から30万消えます。
新車を買ったら数百万、吹っ飛びます。

そう考えると車は貴族の移動手段といえます。

コストパフォーマンスが最悪

マイカーの悪い所はコスパの悪さです。
通勤に使っていない人は週2日のために車を保持します。

平日、仕事で乗らない時間はとても勿体ないです。

通勤が車という人も会社の近くへ引っ越せば問題なしです。
20代の単身の身軽さだからこそできる芸当です。

25,000円を住居費に回せば、好条件の物件に住めます。

車が必要という幻想

車を使わない設計をする

地方出身だと車社会は当たり前です。
しかし、この当たり前に囚われるのは危険です。

生活を徒歩圏内で設計できる位置に居住を構えます。
→ロードバイクやネットショッピングを利用

地方の生活圏でも案外、車なしの生活は可能です。

 

レンタカーで充分

レジャーやデートにはレンタカーで代用します。
機に応じて、車を借りれば問題ありません。

世間は若者の車離れを憂います。
しかし、車離れは経済合理性に優れています

無駄なお金は使わないという正しい判断です。

カーシェアも今後、普及していきます。
車は使い時に借りるとう心構えが必要です。

 

車がなくても意外といける

18歳から車に乗る生活をしていました。
しかし、上京を機に車を手放し、それ以降車に乗っていません。

現在、田舎に引っ越しても車を所有していません。
根がインドアのため、全く不便を感じません。

買い物は大方ネットショッピング。
出かける時はロードバイクです。

ロードバイクは爽快感があり、とても気持ちいです。
しかも、意外とスピードがでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。