YouTubeチャンネル運営中

ブレストは不要、効率が悪い

今回はブレスト不要説を唱えます。

ビジネスシーンで用いられるブレスト(ブレインストーミング)。
ブレストとは集団思考法の1つです。

研究ではブレストの効率性は否定されています。
ただ、ブレストはアイデア発案の効率化に繋がると未だに根強いファンを獲得しています。

今回はブレスト否定派の視線から集団思考から個人思考への回帰を促します。

ブレストの進め方

ブレスト基本理念

まずはブレスト(ブレインストーミング)の理念を確認します。

ブレストは組織内で行われる集団思考法の1つです。
主にアイデア出しの段階で取り入れられる手段です。

ブレストは1950年代のアメリカで考案されます。
当初は画期的な集団思考法として、全米の経営層を虜にしました。

ブレストは一斉に世界のビジネスシーンへと普及していきます。

ブレストの基本理念
集団で一斉にアイデア出し
→創造的なアイデアの発案を期待

ブレストの基本ルール

ブレストには基本的なルールが存在します。
大枠は参加者の自由なアイデア出しを推奨することです。

以下にブレストの代表的な4つの基本ルールを紹介します。

ブレストの基本ルール
  • 判断や批判をしない
    →ブレスト中はネガティブな発言はしない
    →現実的な思考を排除
  • 自由奔放なアイデア出し
    →思ったことをそのままに口に出す
  • 質より量
    →とにかく多くの意見を出す
  • アイデアを繋ぐ
    →他者の出したアイデアを自分のアイデアと融合させる

このような4つの基本ルールの下に、ブレストは行われます。
要約すると「皆で自由に考えると面白いアイデアが発案出来るよ」というものです。

ブレストは効率が悪い

「創造性」に関してブレストは非効率

ブレストは1950年代にかけて、考案されました。
その後、科学的実験でブレストの効用が研究されました。

多数の研究結果ではブレストの非効率さを示します。
ブレストによるアイデアは量・質ともに個人思考に劣る」という結果でした。

未だ信じれられるブレスト論

ベンチャー界隈では、未だにブレストの有用性が信じられています。
新規事業の立案など場面では味噌糞にブレストの全ツッパです。

ブレストは科学的に否定されているのに妄信されているのが現実です。
集団で議論すれば考えているふりが出来ます。

ブレストは「創造的なアイデア」を生み出すのには非効率なのです。

ブレストがアイデアを生み出すのに非効率な理由

ブレストが創造的なアイデアを生み出すのに非効率な理由は3つです。
スーザン・ケイン著の中でも取り上げられていました。

ブレストが非効率な3つの理由
  1. 社会的阻害
    →他力本願になる(消極的集団の形成)
    →ネガティブな発言が禁止され、馴れ合いが生じる
  2. 生産妨害
    →発言する人は1人、その他大勢が聞き手になる
    →1人の発言で集団のそれぞれの思考が止まる
  3. 他者評価の阻害
    →1番大きな阻害点
    →「他人の評価」という心理的影響が働き、積極性を欠く
    →他人に評価されるというストレスが思考の効率を下げる

以上の理由から、ブレストは非効率だとされます。
少なくとも創造的思考においてブレストは不要です。

ブレストの効用

ブレストは創造的なアイデアを生み出す上で非効率です。
しかし、ブレストは別の効用を生み出します。

ブレストの効用
  • 社会的な結びつきを強める
    →集団思考がそこに参加する人の結びつきを強める
  • 価値基準の均一
    →参加する人間の思考を均一にすることができる

このようなブレストの効用はプラスに働くだけではありません。

ブレストのデメリット

策士策に溺れる

ブレストが集団形成を促す中、疎外感を感じる人が出ます。
疎外感を持った人が、1番クリエイティブな場合があります。
→アイデアの喪失に繋がります

策士策に溺れるパターンです。
アイデア創出がアイデア喪失に変化します。

井の中の蛙大海を知らず

ブレストは組織の価値基準が均一化します。
価値基準の均一は突飛なアイデアが出なくなります

「井の中の蛙大海を知らず」状態で皆井戸の中で議論しています。
これではいいアイデアは出ません。

ブレストの代案を提示する

ブレストを否定する

僕はブレストにすごく嫌悪感を抱いています。
ブレストでは積極的に発言しますが、ブレストの生産性を体感できません。

周りのアイデアを聞く時間が長すぎてイライラします。
→大抵のアイデアは捨て案です

内省の阻害

ブレストは集団思考という名の社会形成の一種です。
アイデアの創出行為としては有用でありません。

ブレストは内省による独創的な世界を阻害しています。

ブレストは、集団のオピニオンリーダーが独断場に陥りがちです。
全く発言していない人間が1番独創的」という懸念が拭えません。

また、人の思考を聞き、自分の思考が止まるのは、とても非効率です。

代案「強制的な目安箱」の設置

最後にブレストの代案を考えます。
僕は集団思考そのものに否定的です。

基本線は個人思考への回帰です。

アイデアを生み出す思考法は「強制的な目安箱」の設置です。
(尚、これはアイデア出しまでのプロセスに留まります。)

以下、「強制的な目安箱」のルールをまとめます。

強制的な目安箱
  1. 特定のテーマにおけるアイデア募集
    「期間」、「提示する数」を予め決める
  2. 参加者はアイデアを決められた数、目安箱に提出
  3. 目安箱に提出する際のアイデアは匿名で行う
    →他者評価の懸念を排除
  4. 参加者がアイデアを提示した回数は記録する
    →強制的に参加者を募る

ブレストの懸念を排除

「強制的な目安箱」では、ブレストの懸念点をカバーします。
社会的阻害、生産妨害、他者評価の阻害を全て排除します。

※個人によるアイデアの質の低下へは注意が必要です。
→アイデア採用後に提案者の名前を把握すれば、アイデアマンを絞り出せます。

 

結論

ブレストは創造的なアイデアを生み出すのに効率が悪い。
集団思考から個人思考への回帰を促すべし。

アイデア出しには「強制的な目安箱」を設置するべき。

今後とも、集団思考から個人思考への回帰を促していきます。

参考資料は、TEDでお馴染みのスーザンケインさんの本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。