YouTubeチャンネル運営中

ブログの収益化は「発信力」の向上が不可避!

ブログ発信力

ブログの収益化に必須なのが発信力です。
発信力がないとブログを収益化することは出来ません。

それでは発信力とはどういう力なのでしょうか?
今回はブログの収益化をする上で最も重要な発信力についてまとめた記事です。

ブログにおける発信力とは

発信力を考える

ブログにおける発信力とは大きく2つです。
発信力は「伝達力」と「ブランド力」と2つに分けられます。

伝達力は「ユーザーに理解しやすい記事を届ける力」
ブランド力は「ユーザーにそのブログのイメージを植え付ける力」

伝達力とブランド力を向上させると発信力の向上に繋がります。

発信力が向上すると

ブログにおける発信力の向上は収益化に繋がります。
発信力の向上は、他者に対して量的・質的影響力を持つことです。

広告収益以外にも書籍、オンラインサロン、寄稿、連載、講演、コンサルと収益経路が拡充します。
発信力を高めていけばブロガーの枠を超える活動も可能となります。

発信力のステータスを確認

抽象的な発信力という能力ですがブログにおいては直ぐに確認できます。
発信力のステータスを表す数字は「PV数(ページビュー)」です。

月間でどれだけ記事が読まれているのかということが発信力に直結します。
これは量的な話ですが、質のいいブログは自ずと量が追いつきます。

「発信力=PV数」という定義を頭においてブログ運営をして生きましょう。

ブログにおける伝達力

伝達力とは

ブログにおける伝達力は「ユーザーに理解しやすい記事を届ける力」です。
記事を読んだユーザーの満足度を高めることです。

ユーザーは「○○を知りたい!」という知識欲をブログで補完します。
そのユーザーの知識欲を満たす記事を提供することがブログにおける伝達力です。

伝達力を具体化すると「文章力+構成力」です。

文章力

ブログの基本は「文章」です。
魅力的な文章、端的な文章、巧みな文章がユーザーの知識欲を満たします。

文章力の向上なしに伝達力、ひいては発信力の向上はありません。
1つ1つの言葉を紡ぐことで文章を作り上げていきます。

文章力を向上させる方法

文章力(ライティング力)を向上させる方法はとてもシンプルです。
文章力の向上は「ブログを更新し続ける」だけです。

文章力はブログを更新すればするだけレベルが上がります。
RPGゲームと一緒で記事更新という経験値で文章力は上がります。

ブログの種類ごと文章力

同じ文章力を持っていてもブログの種類によって使う文章力は異なります。

投資ブログであれば専門データと経済用語を文章に落とし込む必要があります。
雑記ブログ、日記ブログであれば平坦な文章が求められます。

自分の運営するブログに併せて文章のスタイルを変化させることが重要です。

構成力

伝達力を構成する力の1つが構成力です。
構成力とは「記事」、「ブログ全体」を1つのコンテンツとして完成する力です。

記事の構成力

記事の構成力とは1つの記事の完成度を高める作業です。

ブログは小説とは異なります。
文章力がいかに素晴らしくても記事の構成がバラバラだと内容がユーザーに伝わりません。

伝えたいメッセージを明確にして、記事に落とし込む力が構成力です。

記事によっては結論から先に出すことも必要です。
アフィ記事ならば商品誘導するリード文を巧みに作らないといけません。

記事ごとに必要な構成を整える力を醸成しましょう。

ブログの構成力

ブログの構成力とはブログ全体の完成度を高める作業です。
具体的にはカテゴライズ、タグ分別、内部リンク化などユーザーのセッション継続時間を長くする作業です。

プロフィールの作り込み、トップページにおける訴求点の簡潔化などが必要です。

ブログにおけるブランド力

ブランド力

ブランド力は「ユーザーにそのブログのイメージを植え付ける力」です。
ブログでのブランド力は「ユーザーの欲しい主張を植え付ける力」ということになります。

ブログに訪れるユーザーは「自分の主張と同調するブログ」を好みます。
自分の主張、気質と同調するブログを閲覧するとユーザーは快適な想いを抱きます。

「あのブログは自分の欲求を満たしてくれる」と印象がブログのブランド力です。

ブランド力による囲い込み

1度ブランド力をつけると後は野放しで収益化出来ます。
ブランド力によるユーザーの囲い込みはビジネス機会としては強烈です。

ブランド力のあるブログにつくユーザーはファン化します。
ファンが増えれば増える程、加速度的に発信力が倍増です。

SNSなど着火点は至るところにあります。
火のつけ方、次第で大きな発信力へ変化します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。