0知識素人が「ブログ飯」目指して1年半更新し続けた結果を全公開

ブログの収益・㎴数などは全公開中。
ブログ運営総ざらい

 

ブログだけで生計を立てるために1年半毎日ブログ更新してきました。
結論から申し上げますと「ブログだけで飯は食えない」。

残念ながらブログだけで生計を立てることは出来ませんでした。
当初の目標は「月収30万円を目指す」と息巻いていましたが、結果はチーン。

成功したブログ運営者ばかりなので、ここらでブログ運営のリアル敗北記事を残します。

ブログ運営全公開
  • ブログ運営期間
    2018/4~2019/9
  • 総㎴数
    284,418㎴
  • 総収益
    166,080円
  • 総記事数
    約650
  • 最高㎴数/月
    72,970㎴
  • 最高月収
    65,962円

ブログ運営の結果全公開

総㎴を初めて計算しましたが28万㎴でした。
ブログ開設当初は「月間㎴30万なんて余裕だろ」と鼻をホジホジしていました。

現実と理想の乖離は激しい。
1年半が経過した現在の月間㎴数は2万㎴程。

ここ数ヶ月の㎴数最近は緩やかな減少傾向で禿げそう。

収益

これまでブログ運営で上げた収益の合計は166,080円。
大卒新入社員の手取り額程度でしょうか?

月収であれば嬉しいですが、18ヶ月分の収益です。
これでは生計を立てることが出来ません。

ブログを初めて8か月くらいは0円収益が続きました。
この時期に諦めなかったのが今でも謎。

11月から収益化を初めて、そこからは1万円を超える収益が発生しています。
小遣い程度にはなりますが生計を立てるレベルには達していません。

記事数

記事は1.2本/日ペースで1日1本は確保しています。

その他メディア、削除した記事を合わせると850本程はあります。
そのため、実数値では1.5本/日くらいはあるでしょう。

文字数は150万文字は超えると思います。
ハリーポッター6冊分くらいの文字量を生成しました。

ブログ運営録

2018年4月~2018年10月

ブログ開始当時の4月~6月はアナリティクスを二重で計上。
自己アクセスも計上していて不確かな要素が強いです。

正しい計測は7月から始まりました。
2018年の7月、8月は悶絶の㎴。

9月から㎴数が増加したのはサーバーを変更したからでしょうか?

9月から週間単位で目標設定、目標到達という好循環なサイクルが生まれました。
9月から年末にかけては数字が順調に推移していき、とても充実したブログライフを過ごしました。

2018年11月~2019年1月

上の画像グラフだと2018年11月は水平線です。
とはいえ、11月も9月から続く好調を持続しています。

12月には月間最高㎴を記録します。
中旬にこのブログが初めてバズりました。

日足で2万㎴を超えて、収益も日給2万を記録。
「これが食べることの出来るブログの集客力か!」と驚嘆しました。

一瞬の栄華

バズった記事はソフトバンクIPOに関する記事です。
世間注目度が高い記事でSEO上位にランクインすると驚きの検索流入を生みます。

しかし、ソフトバンクIPOが終わるとブームは㎴は一気に落ち込みます。
翌週にはほぼ通常運転に戻っていました…

2019年2月~2019年9月

2018年末ピークに達したブログはその後停滞していきます。
ブログ集客の目玉であったIPO記事を切り離したせいで㎴数は伸び悩みます。

6月に入ると活躍していた記事たちがSEOで圏外へ追いやられます。

5月に25,000㎴を記録して以降、右肩下がり。
収益も㎴に応じて落ち込み始めました。

なぜブログで飯が食えないのか?

ブログで生計が立たない3つの理由

見事に18ヶ月かけてブログで生計を立てることに失敗しました。
これは何かしら施策が誤っていることを指します。

失敗理由は定かではありませんが凡そ3つあります。
軽く分析しただけでブログ運営の定石を取っていないことが分かります。

ブログ運営未達の理由
  • マーケティングしろ
  • 競合相手をマークしろ
  • 量より質を重視しろ

マーケティングしない

そもそもブログを始めた理由は「知的好奇心を満たして金儲けがしたい」です。
ブログ記事に関する制約は自分の知的好奇心に従う必要があります。

「自分が得て満足した知識をまとめる」
これが当ブログの付加価値です。

あらゆる知見を通じて入荷した情報を再度、組み立ててまとめて出荷する構造。

マーケティング(他人の興味)には興味なし。
何が流行しているかは興味がありますが、他人発進で記事を書くことはありません。

競合相手をマークしない

ブログ運営では自分と似た競合をマークしろと言われます。
ですが、これも興味がありません。

そもそも、定期購読してる他人のブログは数サイトしかありません。
マーケティング意識がないため、マークする意識もなし。

オリジナル世界を表現するブログにおいて、そもそも競合などいないはずです。

量より質

ブログの量より質はグーグル側も提示しているそうです。
確かに、記事の質は意識するようになりました。

ただ、質を意識し過ぎると量の生産が間に合いません。
「まずは60%くらいの出来でも記事を公開、後にリライトする」というスタンスです。

結果的に質を担保するためのリライトは追いつかなくなります。
そのため、低質な記事はno indexに回しています。

今後も策略は変わらない

ブログテーマは紆余曲折し、現在の形(教養ブログ)に決まりました。

「毎日更新、質向上、好きな記事を好きなだけ、プロダクトアウト」のスタンスは変えません。

分析を基に改善することが出来ればブログ㎴は向上するかもしれません。
ただ、マーケティングを取り入れた瞬間にブログが続かなくなる気がします。

モチベーションを維持できない施策は愚策。
上手くマーケティングを取り入れながら興味本位の記事を書くことが浮上の鍵を握ります。

コメントを残す