雑記ブログの収益化計画について

ブログ収益化計画

雑記ブログは収益力が弱いとの指摘があります。
確かに、アフィ系ブログに比べれば収益力は弱いです。

ブログ運営における最優先事項はモチベートの意地です。
アフィ系ブログを苦行のように進めても長続きしないでしょう。

雑記ブログで楽しく、収益に結びつけるというスタンスの下で雑記ブログ収益化計画をまとめます。

雑記ブログの収益化

アフィ系ブログと雑記ブログの違い

アフィリエイトブログと雑記ブログは方向性が異なります。
この違いを把握して、収益化を進める必要があります。

まずはアフィ系ブログと雑記系ブログの違いをまとめていきましょう。

アフィリエイトブログ

アフィ系ブログはジャンルを特化して、収益目的で記事を仕上げます。
一定のテンプレを用意して、ユーザーに特定商品を販促します。

勝ち抜くためには、相当の策略、根気、センスが必要。
設計段階から収益ファーストであり、収益をモチベートにする人向け。

雑記ブログ

雑記ブログは複数のジャンルを扱い、目的は人により様々です。

ブログ運営の難易度はアフィ系ブログに比べて、ずっと易しいです。
興味本位でブログ運営が出来るのでモチベート維持が容易。

収益目的、興味目的、勉強目的、Pv目的(沢山読まれたい)などブログ運営の目的はそれぞれです。
収益と興味をハイブリットする敷居も低いのが特徴です。

雑記ブログの収益化特徴

雑記ブログだからといって収益化できないということは全くありません。
むしろ、複数ジャンルを展開できるため、より多くのユーザーにアプローチ出来ます。

ただ、収益力という点ではアフィ系ブログには劣るでしょう。

雑記ブログで1万Pv/月で10万円稼ぐのはほぼ不可能です。
これがアフィ系ブログでは、巧みに運営すれば可能になります。

1Pvに対する収益はアフィ系ブログが増します。
そのため、雑記ブログで収益化するにはPv母数を増やすのを念頭に置く必要があります。

Pv数を増やす

雑記ブログの場合はPvを追いす。
Pvが増えれば収益はついてきます。

複数ジャンルを展開できるという利点をフルに使い多くのファンを獲得しましょう。

雑記ブログの収益化を実践

メインはクリック型課金

雑記ブログの収益化を支えるのがクリック報酬型広告です。

「Google AdSense」が特別な存在感を発揮します。
幅広いジャンルとバリエーションに富んだ広告を提供してくれます。

特定の商品を販促しない雑記ブログに於いては、大きな味方となってくれることでしょう。

クリック報酬型広告は広告主あってのサービスです。
そのため、利用規約を確かに守るなど質の高いブログ運営を求められます。

サービス提供者、広告主、広告配信者(ブログ運営者)、ユーザーの構図を理解しましょう。

サブで物販アフィ+ASP

雑記ブログのサブ収益が物販アフィやASPです。

物販アフィとはAmazon、楽天などのネットショップ広告を指します。
例えば、レビューした漫画のアフィリンクを貼るなどです。

純粋のアフィと比べ発生率は落ちるかもしれませんが、全く0%という訳でもありません。
当ブログであれば「大人になってから身長を2~3cm伸ばす方法!」の記事はアフィ狙いではありませんが、一定の物販収益を生んでいます。

ASPの導入

一般的にアフィ系ブログを始める時はASPという広告サービス提供会社に登録します。
ASPとは広告主と広告配信者(ブログ運営者)を繋げるサービスです。

ASPで自分のブログに使えそうな広告を見つけることが出来ます。
雑記ブログでもメインどころのASPには登録するのがお勧めです。

●ASP代表格

A8.net
→ASP業界最大手
→迷わず一択
バリューコマース
→A8で足りない人向け
→独自機能あり

ASPはその他にも沢山ありますが、複数登録してもあまり意味がありません。
まずは代表格のASPで収益を発生させることを優先するべきです。

ジャンルによって収益力は異なる

雑記ブログは複数のジャンル・テーマにまたがります。
ジャンルによって、収益力も異なります。

投資などの資産運用系ジャンルは収益力が高いです。
政治経済、教養系は逆に収益力が弱い傾向。

収益力によって、ジャンルを変更する必要はありません。
目安としてどのジャンルが収益力が高いかは察知しながらブログ運営を進める必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。