ブロガー脱初心者の壁 10,000PVを超えろ

PVの壁を超えていけ

ブログ初心者へのエールである「ブログ運営記」を送ります。

初心者にタメになるノウハウを残していきます。
ドラえもんのひみつ道具みたいになれば幸いです。

とはいえ、ブログは「百聞は一見に如かず」が基本路線です。
→経験に勝る知識はありません
→自分で試行錯誤が一番の近道

今回はブロガー「脱初心者」の目安である月間10,000PVです。
3,000PVの入門編を達成した人の次なる壁を超えていきます。

今回のノウハウ対象
月間3,000PV達成者

10,000PVへの壁

3,000PVを祝う

1万PVを目指す前に3,000PV達成を祝いましょう。
月間3,000PVの達成はデイリー100PVです。

デイリー100PVを達成したということはブロガーの割合上位10%に入ります。
3,000PV到達者はブロガー界上位10%の秀才君です。

まずは自身がブロガー界の秀才君になったことを褒めてあげましょう。
これでブロガー界の入門編は卒業です。

成功体験の積上げ

今まで小さい成功体験を積み上げ「3,000PV」という大きな目標を突破しました。
次なる目標は1万PVと大きな壁です。

再度小さい成功体験を積み上げ、モチベーション維持に努めましょう。
地道な積み重ねを続けた者が1万PVからの景色を味わうことができます。

10,000PVは脱初心者

10,000PVは脱初心者の壁です。
月間で10,000PVを達成すればブロガーとしては脱初心者と胸を張れます。

10,000PV到達者はブロガー界の上位5%に位置します。
上位5%だと200人規模の中学校の学年テストでTOP10に入ります
→相当優秀な生徒

10,000PVだとデイリー333PVを超えないといけません。
3,000PVの壁の3倍以上の規模です。

簡単にいえば、今までの3倍の発信力を手に入れることになります。

1万PVはどれだけ稼げるか

月間1万PVはかなりの労力と時間を要します。

しかし、1万PVではブログだけで生活していく程のお金は稼げません。

金融系のアフィ特化サイトでも1万PVで10万円は厳しい勝負。
雑記ブログであれば、1万円がやや高めのボーダーラインでしょう。

広告の配置、ユーザーの利便性を考えてブログを作りこむ必要があります。

自動のお小遣い稼ぎ

お金稼ぎとしては毎月1万では物足りません。
ただ、物は考えようです。

広告収入で月1万円が自動で手に入る箱を作ることに成功しました。
寝てても入ってくるお金と考えると何だか無敵な力が湧いてきます。

ブログは資産活動なので基本設計は右肩上がりです。
資産をせっせと積み上げていきましょう。

実践編 月10,000PVを獲得する

ユーザビリティの向上

月1万PVを獲得するためには、ブログへ訪問したユーザーの利便性を考えましょう。
「お客様目線」という奴です。

ユーザーがあなたのブログに出来るだけ長い時間、滞在させる施策を打ちます。

具体的にはサーバーのレスポンス時間向上、内部リンクの増築、文章の読みやすさなどです。

お客様目線でブログを考えると向上する余地があります。

記事はあなたが発信したいことを続ければいいです。
あくまでその発信内容が伝わりやすいブログを作るという考え方です。

カテゴリーの明確化

3,000PVを突破する頃には記事数がある程度貯まっているでしょう。
記事数が積もればカテゴリーの細分化に着手します。

記事をカテゴリー別に分けることでブログの方向性、ユーザビリティも向上します。
大凡のカテゴリーの目安は7つ(±2)のカテゴリー数です。

カテゴリーを整えることによって、訪問ユーザーにどのようなブログかを一見で理解させることができます。
そうすることで固定ファンを獲得することが出来ます。

雑記ブログでもカテゴリーを大まかに分けてあることで、固定ファンの獲得に繋がります。

当ブログ

因みにこのブログのカテゴリーは7つに分けられます。
(働き方改革、資産運用、ブログ運営、お勉強、趣味、レビュー、プロモーション)

記事更新+リライト

記事更新については1日1記事は継続させましょう。
ノウハウを得てきたら出稿スピードも上昇しているはずです。

テンプレート記事」と「新設計記事」を使い分けることで使う筋肉を分けていきましょう。

引き続き、リライトも行います。
記事更新とリライトは平行して続けましょう。

テンプレート記事

ある程度記事を作成するとテンプレートが出来る記事が存在します。
テンプレート記事では、アウトラインが決まっています。

そのため、内容を変更していくだけなので倍速で記事更新が進みます。
テンプレート記事なら1日2~3記事と量産できます。

新設計記事

新たなスタイルの記事です。
アウトラインも一から創るため、かなり労力が掛かります。

字数以上に労力がかかるため、相当の疲労があります。
新設計記事なら1日1記事でも構わないでしょう。

まとめ

1万PVで上位5%です。
しかし、上位5%でも月1万円という現実は直視するべきです。

この先の戦いは上位5%による上位ランカーの世界です。
雪だるま方式でレベルアップしていきません。

着実にライティング力を高めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。