拡張現実が見せてくれる世界「ARビジネス」

ARビジネスが台頭しています。
ARとはAugmented Realityの略、日本語では拡張現実。

現在、AR業界は勃興の只中。
今後の「ARビジネス」の未来は明るいです。

輝かくARの魅力

VRとAR

VRとARの違いはざっくり「バーチャルに入るか、バーチャルを出すか」です。

VR

VRは人工的なバーチャル空間に人間が入り込みます。
VRゴーグルを例に出すと理解が進みます。

デバイス上に作られたバーチャル体験をします。

AR

ARはバーチャルのオブジェクトを現実に投影します。
ARも何らかのデバイスから投影されるバーチャルな情報を体験します。

VRは限られたエリアで自由な空間を提供します。
対してARは自由なエリアで限られた空間を提供します。

時代の盛り

5G通信の登場はARの発展を加速させるでしょう。
高速、低遅延、大容量通信は街中での映像技術の発展と親和性が高いです。

バーチャルオブジェクトを投影できるARがあれば広告の在り方が変わります。
ポスターなどの印刷物は不要になるでしょう。

街中をARがキレイに映し出す日も近いかもしれません。

ARビジネス

既に先発しているARビジネス

既にARビジネスは台頭しています。
ARビジネスの代表格はスマホゲームアプリです。

『Pokémon GO』、『ハリー・ポッター: 魔法同盟』、『ドラゴンクエストウォーク』
ARゲームはスマホゲームのトレンド入り。
課金要素もありドル箱ビジネスとなっています。

スマホゲームのAR技術はスマホデバイスを媒体にしています。

ウェアラブル端末

『Google Glass』などのウェアラブル端末にもAR技術が導入されています。
道案内から作業工程などに利用されています。

今後、5Gが発展すればスマホに代替すると思われます。
眼鏡か時計か埋め込みチップか形は不明ですがARを用いればスマホが不要になります。

期待されるビジネス

AR洋服店

今後、AR技術で革新が期待される業界にファッション産業が入ります。
AR洋服店は未来のファッション業界を構成すると注目されています。

客はARレンズを通した買い物が可能になると店舗が不要です。
EC分野の勢いが加速するでしょう。

実際に「レゴ・ウェア」と「スナップチャット」が手を組みAR洋服店はイギリスで誕生。
今後はネット通販の巨人Amazonも乗り込んでくることが予想されています。

家具・ホーム

家具や賃貸領域では既にARを積極導入している分野です。
IKEAのアプリではARを導入した疑似レイアウトがリアル体験できます。

IKEAアプリのユーザーメリットは寸法だけではありません。
部屋の雰囲気と家具がマッチングしているかを感覚的に知ることが出来ます。

従来のショッピングの在り方にテクノロジーが介入しています。
新たな通販体験が需要の掘り起こしに繋がります。

建設・医療・広告

今後は建設現場で必要とされるダイナミズムなAR。
医療現場で必要とされる精密なAR。
広告領域で必要とされるフレキシブルなAR。

ARの技術革新が進めば更なるビジネス利用が加速するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。