ASMRの人気ジャンル「音フェチグルメ」正体

ASMR

ASMRブームに乗じて、「音フェチグルメ」が話題となっています。
音フェチグルメとはASMRの領域の一つです。

咀嚼音にフォーカスし、音フェチグルメ専門のクリエイターも登場しています。
YouTube内では既に多くのクリエイターが「音フェチグルメ」を展開。

映像だけではなく、「音」に焦点を当てたムーブメントが若年層の間で拡散しています。
その中でも音フェチグルメは今最もHOTなジャンルの一つです。

ASMRとは

ASMR=自立感覚絶頂反応

ASMRとは日本語で「自立感覚絶頂反応」を意味します。
視覚・聴覚・触覚から心地の良い刺激を受ける反応を指します。

聴覚反応に対して使われることが多いです。
しかし、視覚や触覚など脳が快感を覚える反応であればASMRに入ります。

科学的な実証はありませんが、多くの人が「快感を覚える」と経験談を語り流行に至りました。

現在はASMRを専門に表現するASMRアーティストも出現しています。
YouTubeなどの動画共有サービスでは、市民権を十分に獲得したといえましょう。

具体的な感覚

ASMRは「脳がとろける」、「背筋がゾワッとする感覚」、「聴いているだけで心地よい」などと表現されます。
心地よい感覚は人により異なるようです。

タップ音、耳かきボイス、ささやき声などジャンルは多く分かれます。

ASMRを心地よいと感じるには、きっかけが必要のようです。
何かしらのきっかけを掴むと「ASMR=快感」と脳が認識して、より求めるようになるようです。

中には睡眠導入、ストレス軽減を目的に作られている作品もあります。

音フェチグルメ

ASMRの領域

音フェチグルメとはASMRの中でも咀嚼音に特化したジャンルです。
食品を咀嚼した時の心地よい音を快感として捉える行為です。

バーチャルでもリアルでも普及しているジャンルでASMRの中でも人気です。

都市部では「音フェチグルメ」として人気を博している飲食店も登場しています。
リアルの食事では、視覚、触覚、聴覚、味覚で心地よさを体験できます。

今後も映像環境、音声環境の整備は進みます。
新たな快感を求めた音フェチグルメの開発は進んでいくと思われます。

飯テロ&モッパン

ネット内でグルメを取り上げる動画は人気ジャンルです。
日本では飯テロという形で長らく人気を築いています。

現在では韓国発の「モッパン」というジャンルも日本に上陸しています。
ネットで影響力のある人が食べている姿を好んでみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。