YouTubeチャンネル運営中

お得に楽しむ!Amazon経済圏の勧め

「賢いお金の使い方」をまとめてます。
経済圏を創ることを進めていきます。

経済圏を創るとは経済活動を同じ企業・サービスに絞ることです。
経済圏により、ポイント還元率など幅広く恩恵があります。

経済圏はEC系、携帯キャリア系、モール系に分かれます。

今回紹介するのは「EC系のAmazon経済圏」です。

生活インフラ及びエンタメ特化
これがAmazon経済圏の特徴です。

スタイリッシュでフレキシブルな買い物が楽しるのがAmazon最大の特徴です。
買い物に加えて、動画、電子書籍、音楽などエンタメ分野も発達しておりユーザーに幅広く恩恵を与えています。

Amazon経済圏の特徴

Amazon prime会員

Amazon経済圏には入るには、prime会員になるのが必要です。
prime会員になるには、年間3900円掛かります。
1,000円上乗せで年間4,900円に増額しました。

Amazon経済圏にとって、この費用は住民税です。
住民税分だけの恩恵は充分に得ることが出来ます

プライムの会員数は800万人

Amazon primeの国内会員数は300~500万人程と予想されます。

プライム会員のメイン特典は送料軽減や配送の時間指定です。
ECサイトを利用する人のサービス性能を向上させます。

プライム会員は、ユーザーファーストの概念化から生まれました。
ユーザーは配送方法の選択に悩む時間を商品の比較に充てることができます。

Amazonプライムのコンテンツ

プライム会員の特典は、送料軽減や配送の簡易化に留まりません。
今では、映像、音楽、書籍などのエンタメコンテンツも楽しめます。

勿論、価格はプライム会員価格に含まれます。

以下プライム会員の特典をまとめます!
驚愕の威力に驚きます!

プライム会員特典
  • 配送の自由化
    →お急ぎ便や日時指定便など
  • プライムビデオ(動画配信)
    →豊富なラインナップ
    →オリジナルコンテンツも配信
  • 音楽、書籍、漫画のエンタメコンテンツ
    →100万曲以上の楽曲
    →2万以上の和冊を利用可能
  • Amazonタイムセールの特権
    →プライム会員限定のタイムセール優先
  • その他多数

脅威のサービスです。
Amazon primeは配送の概念変えるだけではありません。
プライムビデオなどEC以外でも充実感を得れます。

なんと月額400円ちょい

Amazon primeの魅力は、価格設定です。
これだけ豊富な特典があり、年間4,900円です。
超絶お値打ちプライス

動画コンテンツだけでもNetflixやHuluの半額以下
音楽や本、漫画といったコンテンツも含まれます。

本来のECサイトであるAmazonとしての特典も加わります。
Amazon経済圏はECとエンタメを融合させたハイブリッド事業です。

 

エンタメに充実

Amazon経済圏の特徴はエンタメに進出していることです。
プライムビデオは、NetflixやHuluなどの動画配信サービスに比肩します。
独自のヒットコンテンツも抱えます

電子書籍分野ではタブレット端末をヒットさせました。
発送だけでなく、ダウンロード形式でも書籍を提供しています。
→kindleはタブレット端末として広く普及

楽曲配信にも注力しています。
プライム会員で100万曲聞き放題です。

 

スタイリッシュ+使いやすい

AmazonのECでの最大の競合相手は楽天です。
Amazon楽天一長一短です。

ポイント還元率には楽天に分がありそうです。
スタイリッシュさはAmazonが圧倒しています。

Amazonのスタイリッシュと使いやすさは他企業の追随を許しません。

Amazonと楽天を比較

Amazonと楽天の商品ページを比べると違いは瞭然です。
どちらもGoProのTOPページを比較しています。

Amazon


見た目と料金体系が一目で分かります。
また、写真パターンも豊富で欲しい情報がコンパクトにまとまっています。

ページのTOPとしては、スタイリッシュなデザインです。

 

楽天


いきなり広告です笑
楽天カードマンが不敵な笑みを浮かべ見つめてきます。

商品ページのTOPがいきなり宣伝です。

楽天は基本どのページも煩雑に写ります。
尚、必要な情報は下へスクロールすれば手に入りますので安心を。

Amazon経済圏徹底解説

Amazonポイント

Amazonポイントは1P=1円です。
ポイントはAmazon内でのみの使用に限られます。

正直、ポイント還元率は辛いです。

タイムセール中はprime会員+3%などの場合もあります。
ですが、常時ポイント還元率としては微妙です。

注意
楽天と違いポイントは必ず付与されない

 

Amazon Prime Video

ポイント還元率が辛い分、他サービスで補完しています。

個人的にprime会員で1番有能なのがprimeビデオです。

流石に業界大手には敵いませんが、ラインナップは充実です。
映画、ドラマ、バラエティ、アニメと一通り用意されています。

レンタルビデオ店が不要なレベルです。
無類の映画好きには物足りないレベル

オリジナルコンテンツ

動画配信サービス業界では、オリジナルコンテンツに躍起です。
どの会社も独自路線のコンテンツ制作を進めています。

Amazonも豊富な資金量でオリジナルコンテンツの製作を進めています。
バラエティからドラマまで資金を投じています。

『HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル』
東京女子図鑑』、『有田と週刊プロレスと』
などヒットコンテンツを抱えています。

 

Fire TV Stick

また、Fire TV Stickというツールを用いると新たな映像体験が楽しめます。
Fire TV Stickはテレビで動画配信サービスを楽しめます。

プライムビデオだけでなく、YouTubeやAbemaも楽しめます。
地上波放送要らずの映像を楽しめます。

Amazonカード

Amazonもクレジットカードに参入しています。
2種類あり、クラシックとゴールドです。

Amazon MasterCard クラシック

年会費1,350円(税込)
年1回の利用で年会費が無料になります。

Amazonでカード利用すると+1.5%
更にプライム会員になると+2%のポイント還元率です。

買物はAmazon縛りという人には必須のカードです。

Amazon Mastercard ゴールド

Amazonクラシックの上位互換です。

年会費10,800円(税込)
Amazonプライム会員が付与されます。

また、ポイント還元率は+2.5%にアップします。
Amazonのサービスにどっぷり浸かる人のためのカードです。

 

結論

現段階は低価格でAmazonのサービスを享受できます。
プライム会員はprimeビデオが胆です。

また、一度プライム会員になって、ネットショッピングの手軽さを知ると後戻りできなくなります。

※情報は記事出稿日
※Amazonのシステムは随時変更があり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。