最低限知っておくべき人工知能(AI)についての知識~入門編~

ビジネスを語る

人工知能(AI)が社会の多くの場面で活用され始めています。
第四次産業革命、デジタル革命の担い手である人工知能。

今回は人工知能の入門的な基礎知識を学びます。
そして、AIが抱える社会的な問題についても言及していきます。

学習機能(AIとは)

AIの学習量

AIは膨大な量の情報を学習します。
無尽蔵に学習し、学べば学ぶほど精度が増します。

学習させるデータの質も重要です。
AIに与えるデータがより正確で無駄のないものを提供する必要があります。

機械学習

「機械学習」はAIの基礎的な働きです。
「AI>機械学習」とAIが機械学習を内包する構図です。

機械学習による画期的な発明は自律性です。
従来のプログラミングは全てを事前に設定する必要がありました。

AIは与えられた情報を元に独自に学習していきます。
自律的に法則、ルールを学習し、精度を高めていきます。

深層学習

深層学習=ディープラーニングは機械学習に内包されます。
「AI>機械学習>ディーブラーニング」という構図です。

深層学習では一定の情報量に到達すると機械が人の手なしに、自動的にデータから抽出。
機械学習の自律に創出が加わりました。

ディープラーニングでは人間の脳「ニューロン」の構造をベースとしたDNNから多くのネットワークシステムが生まれています。
入力から出力までの間が多層にすることで情報伝達、処理能力が向上します。

高速処理機能

大量のデータを処理する

AIは大量のデータを高速処理します。
人間が数年かかる計算をAIならば一瞬で完了します。

未来はAIが多くの人的リソースに代替すると予想されています。
税理士、行政書士などの士業までもAIへ代替する確率がほぼ確実的です。

中国ではAI裁判官も登場しています。
膨大な判例と客観性を照らし合わせる上で法曹界への適用も期待されています。

特定分野にしか力が発揮できない

現在のAIレベルは特定の分野でしか力を発揮できません。
将棋の電脳戦など特化した領域では人間を凌駕しますが、汎用性には欠けます。

画像解析のAI技術と音声処理のAI技術は異なります。
将棋は出来ても自動運転は出来ないといった長短があります。

ましてや、汎用性を超えた自意識、感情を持ち合わせたAIには辿りません。
ドラえもん、ターミネーターのような技術にはほど遠いということです。

単純な作業

AIは疲弊しないので単純な作業も得意とします。
高度な演算処理を有しながら単調な作業を得意とします。

AIができること

画像、言語、音声、制御

現時点でもAIで実現可能な技術は多岐にわたります。
AI、IoT、クラウド、ビッグデータのConnected Industriesの向上により第四次産業革命が進んでいます。

自動運転、同時翻訳、カルテ作成(診断)、裁判代行と高度スキル、技能が必要とされる分野においてもAIが活躍の場を増やしています。

記事出稿、作画、映像制作、作曲、クリエイター要素にも進出しています。
AIの進化がどこまで続くかは見物です。

AIができないこと

AIは無限の可能性に満ちています。
ただ、クリエイター分野では人間と大きく差があります。

感情、自意識に乏しいAIでは何かを創り出す0→1は苦手分野です。
言葉を並べて文章を作ることは出来てもAIにとって、それは文字の羅列です。

学習した言い回しを並べており抒情性に乏しい欠点があります。

AIのブラックボックス問題

自律的思考の代償

AIが自律的に導きだした結論が人間の能力を大きく超えたとこに着地する場合があります。

AIが導きだした答えを人間が理解出来ないという問題です。
人間側はAIの導いた解の正誤が識別できません。

AIの思考プロセスが分からないので誤情報の原因究明も出来ないというのがAIのブラックボックス問題です。

AI信仰プロセス

企業がサービスを提供する際に、説明できないものを運用することは出来ません。
企業はブラックボックス問題がある以上、AIの技術運用段階には常に及び腰です。

「AIを信仰する」というAIへの一方的な信仰が求められるフェーズがいつか訪れるでしょう。
その時、AIに抗うという選択肢は残っていないと思われます。

シンギュラリティ問題

2045年問題

著名なAI学者のカールワイン博士は「2045年には、シンギュラリティの土台が完成する」と提唱しています。
シンギュラリティ(技術的特異点)とは「人工知能が人間の支配を超えて、人工知能が文明の主役に代替」を意味します。

つまり、AIが自らより高度なAIを創り出し、人間の知能では立ち行かなくなる状態。
SF映画のような設定ですが、技術の進歩(ムーアの法則)によると現実的な問題です。

天才物理学者であるホーキング博士もAIには脅威を感じています。

善悪のシナリオ

人工知能が支配する世の中には善悪のシナリオがあります。

善のシナリオではシンギュラリティによって、様々な社会問題が解決します。
人間では解決し得ない問題を人工知能がより良い方向へ導きます。

悪のシナリオは人類文明の消滅です。

人工知能>人類とヒエラルキーがなった場合、人間は社会にとって不要と判断される場合があります。
その時は人類に残された道は絶滅しかありません。

他の種が辿った道を人類が追随する可能性は考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。