YouTubeチャンネル運営中

正しい方向への愚直な努力が「行動力」の本質

暮らし向上

物事をなす時に最重要要素の1つが「行動力」です。
優れた頭脳を持っても行動に移さなければ宝の持ち腐れ。

逆に行動力さえあれば、思考力が弱点でも補うことが出来ます。
バイタリティを伴う行動力は時に目標への最適解になり得ます。

行動力を把握する

行動力の本質

行動力の本質は「正しい方向に愚直な努力をすること」です。

行動力と聞いて連想するイメージはとにかく動き回る姿ではないでしょうか。
とにかく動き回るのは行動力ではなく、スタミナがある人です。

とにかく片っ端から動き回るというのは、適切な行動力ではありません。
適切な行動力は「正しい方向に愚直な努力をすること」です。

「明確な目標設定」と「PDCA」

「正しい方向に愚直な努力をすること」は具体的に何を指すのでしょうか?
これに対しては「明確な目標設定」、「PDCAの回転」と答えます。

目標を明確に把握していなければ行動力を向ける矛先が定まりません。
明確な目標に向けて、行動を積み重ねていくことが必要です。

愚直な行動には常に思考を伴わせます。
より効果的に行動力を使うにはPDCAを回し正しい方向へ軌道修正します。

「明確な目標設定」、「PDCAの回転」を伴った行動力が本質的なものです。

本質的な行動力

本質的な行動力を例題を基に考察しましょう。
「明確な目標設定」、「PDCAの回転」を伴う行動力とはどういったものでしょうか?

※行動力の例

例えば「株式投資で儲けたい」と思い立ちます。

多くの人がまずは、株式投資に関わる本を購入するでしょう。
ゼロ知識からは何も生まれないので、何かしらインプットの手段を取るはずです。

行動力の低い人は、本を読んで知識をインプットし終了です。
本を読んだだけでは、株式投資で儲けることは出来ません。

目標は「株式投資で儲けること」なはずです。
株式投資で儲けるには実際に投資活動をしなくてはいけません。

そのため、証券口座を開設し、インプットした知識で投資を実行します。
最初は損失を生むかもしれませんが、PDCAの回転で徐々に利益を生めるようになるかもしれません。

ここでの行動力とは、本を読み終えた知識を使い利益を上げることです。
何かと手をつけることがだけが行動力とはいえません。

目標に辿り着くこと

株式投資を勉強することでは、価値は低いです。

株式投資での目標は利益をあげること。
勉強して得た知識を使い、利益を確保することが目標です。

目標に到達しなければどれだけ行動をしても力になるとはいえません。
目標を到達して初めて、行動力を手にすることが出来ます。

行動力のある人の特徴

行動力のある人の特徴は3点。
「リスクが取れる」、「ビジョンがある」、「計画を組み立てる」です。

リスクが取れる

適切にリスクを管理することは行動力に繋がります。
常に最低ベースで物事を考えておけば、リスクを取ることが出来ます。

極端な安定志向は行動力を生みません。
まずは、安定を捨てリスクを積極的に迎合するスタンスを取りましょう。

ビジョンがある

ビジョンは行動力とかなり密接な関係です。
ビジョンがなければ行動力は空回りします。

「何のために愚直に努力をしているのか?」という問いにはビジョンが必要です。
ビジョンは明確な目標を生み、行動力の矛先となります。

計画を組みたてる

行動力には緻密な計画が必要です。
計画を伴わない行動を暗中模索といいます。

PDCA、タスク管理を徹底して行動力の無駄遣いを防ぎます。

行動力を高める3つの方法

方法.1 理想と現実を知る

行動力を高める方法をまとめます。
1つ目は「理想と現実を知る」です。

行動力を高める1歩目は「理想と現実を知る」ことです。
なりたい自分(理想)と今の自分(現実)を把握することから始めます。

現実から行動力を使って理想へ近づきます。

まずは、ゴールとなる理想像を知る必要があります。
理想の自分は「なぜその理想像なのか?」、「理想となり何を得たいのか?」を言語化できるほど具体化します。

理想と現実のギャップ

Whyを繰り返し、自問自答することで自分の理想像を確立します。
理想像を確立すると現実とのギャップを突き付けられるでしょう。

理想と現実のギャップを受け入れましょう。
ギャップに卑下せず自己肯定感を高めて受け入れます。

理想と現実のギャップを知り、受け入れる
これが行動力を身につける1歩目です。

理想を明確にすることで明確な目標設定が出来ます。

方法.2 明確な目標設定

明確な目標設定は行動力を高めるのには必要不可欠。
具体的な目標を定めることで、正しい指針を得ます。

指針のない行動は意味をなさないことが大半でしょう。

明確な目標設定をすることで、周りの雑音や余計な誘いからも解放されます。
「正しいタイミングで、正しい時間、正しいことをする」というのが行動力の源泉です。

目標設定は愚直な努力に対して、能動的なスタンスを生みます。

「目標があるから頑張れる、目標があるから前に進める」
明確な目標設定は結果的にあなたの適切な行動力を高めることに繋がります。

方法.3 行動に思考を伴わせろ!

行動力には行動と思考を伴わせることは不可欠な要素です。

「考えてから行動しますか?行動してから考えますか?」という質問があります。
行動力を向上させるためには「考えながら行動し、行動しながら考えること」これ以外ありません。

行動力には、常に適切な思考を伴わせることが不可欠。
作業量をどれだけ重ねても、方向を間違えれば意味がありません。

ホームランを打ちたいのにピッチングの練習をしても意味がありません。
常に適切な思考を行動に伴わせることによって、正しい努力を促します。

PDCAを回せ!

行動に思考を伴わせるのは、PDCAを使います。
PDCAを回すことで、常に戦術と努力が一本化できるようにします。

行動に思考を伴わせることを目的にPDCAを導入します。

行動力の結論を端的に

行動力とは「正しい方向に、愚直な努力をすること」です。
作業量をこなすだけ、片っ端から努力するだけでは行動力は培えません。

1.理想と現実を知る
2.明確な目標設定
3.PDCAを伴った努力

これが行動力の源泉です。

行動力を高めて、なりたい自分に近づこう!
今の自分も受け入れてあげてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。