YouTubeチャンネル運営中

迫りくる2020年「5G」の旅

4Gの時代が終焉を迎えつつあります。
4Gはスマホ端末を普及させ、多くの人を動画世界へ誘いました。

5Gではどのような技術革新、生活環境の変化が訪れるでしょうか?
今回は2020年、日本に訪れる5G社会をまとめます。

5Gの旅が始まる

進化を遂げる通信技術

通信技術は加速度的に向上しています。

移動通信は1980年代1Gのアナログ携帯電話から始まりました。
その後、1990年代初頭に2G携帯電話システムへ移行。

2000年代に入ると国際標準の3G通信システムが誕生します。
2010年代に4Gスマホ向けシステムが登場するとスマホから手が離せなくなりました。

2020年代に入り、5G(次世代移動通信規格)が芽を出しています。
GとはGenerationを表し、今からは第五世代へ突入します。

5Gの特徴

5Gの特徴が語られる上で必ず出てくるキーワードが3つあります。
「高速・大容量通信」、「低遅延」、「同時多接続」です。

5Gを簡潔に説明すると「移動通信の精度、速度、量が大幅に進化」というものです。

詳細に説明するとまずは「高速・大容量」。
第四世代から10倍の速度、1000倍の容量と進化を遂げます。

数十分かかるダウンロードが数秒で可能になり、写真保存の容量不足懸念は消えます。

速度・容量の進化で映像技術も次世代へ。
4K、8K映像へと進化するでしょう。

「低遅延」では今までよりも更にリアルタイム操作の幅が広がります。
通信時のラグがなくなり、シームレス通信を可能へ。

「同時多接続」では、通信局と接続できるデバイス数が向上します。
工場、家電などセンサー化はより発達して、IoTは広がりを見せるでしょう。

あらゆる端末とアプリを対象

4Gはスマートフォンを対象とした通信システムでした。
5Gではスマート以外の端末が主役になると見られています。

新たなウェアラブル端末の誕生し、社会を一変させる可能性は高いです。

また、5Gはアプリケーションを対象とした通信システムといわれます。
デバイスを通り越しアプリを対象として情報通信が進化します。

既に始動している

日本では2020年にサービスが提供される5G。
アメリカでは一部地域で既にサービスが始まっています。

米大手通信事業者は5Gでの競争が起きています。

とはいえ、端末やアプリは未だ5G向けのものは登場していません。
現段階では産業用の段階に留まっています。

5Gがつくる世界とは?

5G領域に制限はない

5Gへの進歩は全ての産業を革新させます。

NTTの関係者は「従来とは異なりサービスありきで技術が進められる」と語ります。
つまり「事業者がやりたいと思ったことを表現できる通信」ということです。

目先のサービス利用ではVR・AR・4K・8Kから自動運転・スマートシティ・ドローン・触覚通信と多岐に渡ります。
既に4Gで登場しているサービスはより高度な次元かつ安価で提供されるでしょう。

スマホはなくなる

5Gの登場後、10年以内にスマホはなくなると予想しています。

3Gは携帯電話の普及、4Gはスマホの普及に一役買いました。
5Gでは新たなウェアラブル端末が主流になりそうです。

触覚通信が浸透すればデバイスを持ち歩く必要がなくなります。
5Gの登場で新たなデバイスが主流になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。