YouTubeチャンネル運営中

20代の転職を考える 自分の市場価値を知ろう

20代の転職を考える

20代の内に1度は転職が頭を過るでしょう。

現在は転職文化が発展して、20代の3人に1人は転職を経験しています。
終身雇用制度は過去のものです。

実際に転職をするかは別として自分の市場価値を測ることはとても大切です。
社会において、自分の価値が正当に評価されているかを知るかどうかは働くモチベーションに繋がります。

今回は20代の転職について市場価値という側面から考察していきます。

1度は転職について考える

いくつかのルートが存在する

人生において選択肢は数多くあります。
こと仕事においても今勤める企業以外にも色々な選択肢があります。

学生の頃、就職活動をしていた時はいくつもルートが分岐していました。
しかし、会社に入ることで、いつの間にか自分の見る世界は限定されます。

人生のルートが1つに絞られているような感覚に囚われます。

転職のハードルは低い

転職のハードルは割りと低いです。
多くの転職会社が広告を打ち出すほど市場は活気づいています。

20代で転職を経験する人は3人に1人です。
転職経験者に身近に話を聞くこともできます。

転職エージェントでは手厚いサポートを受けることが出来るので0知識からでも転職に対する心構え、ノウハウを教えて貰えます。

職場環境の変化

転職者を受け入れる職場環境も変化してきています。
求人をかける企業も増加しており、多くの企業が人材不足を訴えています。

売り手市場である転職市場を背景に転職者数も増加傾向です。
職場環境を変えるということが一般的になってきています。

市場価値を測る

客観的な価値

転職市場では人材に対して客観的な市場価値がつきます。
転職市場ではキャリア、伸びしろで、人材に対して値打ちがつきます。

この客観的な市場価値はとても貴重です。
自分の仕事がどれだけ社会で評価されているのかを額面、待遇で判断してもらうことが出来ます。

勤める企業での評価が正当か不当かを一発で判断できます。
仕事をする上でのモチベーションの一つとして有効利用できます。

転職するかは別として

転職を実際に行うかは別として、客観的な市場価値を測ってもらうのが重要です。
転職に至るまでには、企業と個人の考え、職務が一致する必要があります。

ただ、市場価値を測ってもらうだけなら転職エージェントに登録するだけで可能です。
転職エージェントに登録して、エージェントにヒアリングされるだけです。

転職エージェントは無料サービスのため、ユーザーが払うコストは一切ありません(大抵の場合)。

転職エージェントに登録しよう

転職エージェントとは

転職エージェントとは、企業と転職者の間に仲介する人材サービス会社です。
エージェントは転職者を企業に紹介することで企業から報酬を得ています。

転職者は登録し、エージェントとの面談から転職希望企業を定めます。
転職者がエージェントに支払うお金は掛かりません。

転職者は無料で手厚いサポートを受けることが出来ます。

大手転職エージェント

大手転職エージェントはどこも手厚いサポートです。
おすすめは豊富さ手厚いサポートのdodaです。

リクルートエージェント
→業界最大手、豊富な求人情報が手に入る

 

doda
デューダ子でお馴染みの大手企業、手厚いサポート

 

マイナビエージェント
→新卒でも活躍する人材系最大手

 

ウズウズカレッジ
→20代に特化した転職エージェント

転職エージェントに登録してからの流れ

転職エージェントではまず各社のHPから登録します。
doda

会員登録をして、各種情報を記入します。
各要項は後から丁寧に記入し直すことが出来るので簡単に済ませます。

登録を済ませると転職エージェントから連絡が入ります。
そこでヒアリングをすると市場価値を測ってもらえます。

doda子

市場価値を測ってもらえる

自身のキャリアをエージェントに伝え、希望の職種などを伝えます。
するとエージェントが数多くの求人票から内定しそうな企業を選出します。

推定年収、ポジションなどがついていて、直ぐに市場価値を測ることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。